読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

県民の会の知事選まとめの会議へ

25日、県民の会の総会が長野市内で開催され参加した。結果的には短期間であったことと、14年ぶりの候補擁立で地域の会の発足に時間的に厳しい状況もあったのだが、10万6千余票の県民の声には重いものがある。特に相手陣営は自公はもとより民主・社民党など7党連合にマスコミもオール与党はいかがなものかと揶揄されるような状況があった。よって集団的自衛権の容認の閣議決定もTPP問題も原発再稼働も、また浅川ダムの問題にも阿部陣営はダンマリを決め込んでいた。というよりそうしなければ選挙にならなかった事は容易に察しがつく。「野口しゅんぽうさんが頑張って訴えてくれたことに心より感謝し、これからは県議選での議席奪還で頑張ります」と心から思い発言させていただいた。

民主・社民は前回は阿部氏を擁立し、自公は対立候補を立ててたたかった。しかし今回は母屋を盗られた感は自明であろう。いずれにしても6月に知事選を前に安倍総理から直々に自民党推薦を「いただき」に行ったことのツケはこれから様々なところで膿が噴出すること必至であると思う。

f:id:biz-m:20140821160423j:plain

9月県議会は代表質問が行われることになっているが、今後唯一の野党共産党県議団の力の見せ所になるだろう。