びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

秋の空・・・アンドロメダ星雲が似合います

秋はやっぱりアンドロメダ星雲。と思いますが今年の夏は天候不順の連続で、梅雨明けから夏らしい空にほとんど出会うことができません。それでも全国の星仲間のみなさんがfacebookに素晴らしい星の写真をアップして配信してきてくれるので、どこかでは好天になっているのでしょう。わずかな晴れ間から私も撮影してみました。

 
M31 アンドロメダ星雲

f:id:biz-m:20140910232542j:plain


お隣の銀河といわれますが、254万光年の彼方にあります。(子どもの頃は200万光年と覚えましたが、測定技術も上がっているのです)
いずれにしても人類誕生の頃の光が今届いてきているというものです。

138億年と言われる宇宙の歴史からみればほんの刹那の時間に人類は誕生し、そして自滅するような兵器や原発など人類の技術では制御できないようなものまで作り出して、一方では殺戮を繰り返したり、子孫や後世の生物にまで影響を及ぼすようなことをしてしまっている。はるか遠くの宇宙人からはどのように見られているのでしょうか。

08/19
望遠鏡:BORG76ED 500ミリ F6.5
赤道儀:ビクセンアトラクス
ガイド:Orion d:80mm fl:400mm+ロジクールqcam pro4000 +ガイドマスターによる自動ガイド
カメラ:CANON EOS kiss degital x6i +CLSフィルタ iso1600 2分×15枚
DSS+Stellaimage6他で処理をスタッキング