びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

やっぱり思った通り!リニア問題国交相答弁

15日のリニア問題での共産党穀田衆議院議員国土交通委員会での質問で、地元自治体がJRとの環境保全協定を求めてもJRがこれに応じない不誠実な態度をとって居ることについて、国が指導すべきであると求めたが、太田国交相は「当事者間の問題」と国の関与はしない答弁をしたという。全く無責任な国の態度である。9兆円もの事業で、JR東海が全て出すという確約が有るならまだしも、一企業で全て負担することごできるのか、すでにJR東海の社長は「ペイしない事業」と表明しているのだから、その穴埋めはJALの再建の時と同じになることは容易に想像できます。「国家プロジェクトともいえる事業」、「公共の足をつぶすわけにはいかない」等の理由付けされ、国からの税金投入という図式がすでに行われてきた、「いつか来た道」です。
ここまできて、まだ保全協定もしない、事業説明は認可後という態度を取り続けていることに、これが、大企業がやることか?そんなに自信のない不確実な絵空事なのか?と呆れるばかりである。よほどマズイ事が内包されているのだろうと色々と想像できます。事業に自信があるのなら、キチンと認可前に説明し、国はそうするよう指導するのが役割であると思います。