びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

来春の県議選へ 会見

f:id:biz-m:20140913122146j:plain来春の県議選3期目をめざし、4度目の選挙に出馬することの表明の記者会見をおこなった。
暴走する安倍政権に対し官僚県政の阿部県政で県民には二重にも三重にも困難な生活を強いる政治が行われている。
4月からの消費税増税、年金の切り下げ、医療費の負担増、ここにきて憲法9条をないがしろにすする安倍政権に対し、県民のくらしをさせるために県行政は盾にならなけらばならいという時に、むしろ知事は自公政権に擦り寄りがいよいよひどくなっている。今までの介護職場での現場で体験してきたことは貴重な経験であり、介護医療を受けるみなさんからもまた、介護医療のサービス提供側のマンパワー不足の現場の実態もしっかりと体得してきました。これを県議会に戻ってしっかりと充実させて医療介護という人の生まれ生活し、老いるという当たり前のことが当たり前にできる長野県作りに頑張る決意を述べました。
f:id:biz-m:20140913122212j:plain

同時に来春のいっせい地方選の市議選に共産党から柴田ひろしさん、(5期目)と新人の小沢彰一さんの記者会見発表も行いました。小沢さんは高校教師を一年前倒しで市議目指ことになり、これまでの鈴木明子議員の後任者でとても頼もしい候補です。
今後夏の知事選挙市長選を通して、ともに活動を中心で担っていくメンバーです。