びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

国際的結束でテロ組織包囲を!

今朝、柴田、鈴木市議、小沢市議候補と早朝より街頭宣伝を行いました。
イスラム国」が昨日、日本人ジャーナリストの後藤健二さん、24日には湯川遥菜さんを殺害した蛮行を許さない。
米欧諸国が自らのモデルを押し付けようとした「民主化構想」はいずれも成功せず、戦争と内戦の泥沼化、宗派間抗争の激化と米欧諸国への憎悪を深めてきました。そしてテロの口実と過激派集団を増長させてきました。アラブの人々を深く傷つけているイスラエルパレスチナ紛争の公正な解決と軍事に頼らず、貧困と格差、差別等のテロの温床の根絶に、憲法九条をもつ日本がイニシアチブをとっていくべきであることなど訴えました。また、これを口実に自衛隊派兵に道を開こうと安倍首相が表明していることは重大であり、火に油を注ぐようなことにもなり兼ねません。
氷点下13度にもなりましたが、ほとんど寒くて口が回りませんでしたが市内各所宣伝し訴えました。

それにしても「イスラム国」はともかくイスラム語圏の人とは殆ど交流することはありませんが、三大宗教の一つであるにもかかわらず、日本は開国後から特に大戦後は米国一辺倒の文化の輸入が行われてきたことがより一層交流をし難くしていると思います。
Facebookイスラム圏の天文学者やジャーナリストの方と友達になったりもしましたが、イスラム語では全く判らず、たまに翻訳をかけると、天文学者の方でもはっきりと唯心(神)論者と思しき発言をされていてある意味感心してしまいました。位置天文学は彼方のほうが発祥の地ですが。。。

子どもの頃から私たちは、世界地図といえば日本が赤く色付けられど真ん中に配置された地図で勉強してきましたが、世界的には地図の東の縁に位置付けられていることも忘れてはならないと思っています。
それにしてもFacebookは私は趣味の天文のことで使っているのですが、世界のいろんな人達と知り合いになり、これを通しての言葉も文化も全く違う人々との交流はある意味民間レベルの平和外交だとも思っています。