びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

子どもの医療費窓口無料化をー 阿部知事へ申し入れ

f:id:biz-m:20150608172404j:image6月議会を前にした、長野県知事への8項目の要望の申し入れを行いました。(詳細は県議団HP参照下さいhttp://www.jcpnagano-kengi.jp)
f:id:biz-m:20150608172414j:image私は特に子どもの医療費の窓口無料化について取り上げました。
子どもの貧困率が16%を越え、ひとり親家庭の子どもの貧困率は50%を越えています。
特に急な発作時に受診しなければ生命にかかわる小児ぜんそくは、発作が起こらないようにして中学生位で寛解していけば、将来大人にまで引きずらなくても良くなるといわれています。発作時に受診出来る体制と経済的負担を軽減させる事が急務です。小児に多いと言われ久しいのですが、薬も高額になりますし、自動給付方式では発作時の受診のたびに財布の中身を気にしなければなりません。
f:id:biz-m:20150608172749j:image回答は担当課長でしたが、国において国保のペナルティの(解消を)検討しているといいますが長野県の冷涼できれいな環境を求めて転地療養される方も居るくらいですが、一時的経済的負担を、他県でも実施する窓口無料化への転換が待たれています。
かつて病院勤務時代、夜間緊急検査呼び出しを受けた際、幼子を背負って発作のお兄ちゃんを連れてきたお母さんの姿が思い浮かびました。