読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

市内東山での管理型最終処分場計画の説明会に

f:id:biz-m:20150804064226j:image昨晩は塩尻東山地域での管理型最終処分場の建設計画が、それまでの諏訪重機運輸から信州タケエイという会社に移管された事により、その計画の説明会が行われ参加しました。
8年前からそれまでの安定型最終処分場にさらに管理型最終処分場を建設しようとするものですが、前会社が処分量の水増しや経営の負債など社会的信用の問題点も発生し、タケエイの傘下に入った事により、社長以下人事の刷新を行っての会社主催による改めての説明会となりました。
会場となった東地区センターは入りきれないほど満席でした。
社長の一通りの説明後矢継ぎ早に10人以上の住民から質問が出されました。
危険物質の搬入、活断層の問題、廃水処理後の下水道へのつなぎこみ、また、近年のゲリラ豪雨による山体崩壊等による周辺地域への影響等、建設反対の質問や意見が9時過ぎまで熱心に出されました。
私もかつてこの問題が出た時、県議会で活断層近くである事から建設すべきでないととりあげましたが、県の廃棄物条例ができる時か直後だったと思いますが、条例の中身が極めて曖昧で事業者よりになっている事と、地域住民も意思の形成途上でもあった事や、その後落選してしまっていた事もありましたが、昨晩の説明会であの時の記憶が鮮明に蘇ってきました。
これまで集めてきたデータ等これからも様々な面で協力していく旨を役員さんにお伝えしました。