びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

雨氷被害の調査へ

f:id:biz-m:20160430022446j:image28日は両角議員、和田議員、毛利議員とともに、1月末から2月にかけて被害が広がった雨氷による森林の状況調査に松本地方事務所の職員に案内していただき松本市入山辺地区、山形村清水寺付近、朝日村野俣沢付近そして塩尻市奈良井地区を1日かけて調査しました。
f:id:biz-m:20160430022459j:imagef:id:biz-m:20160430022520j:image私たちは被害発生当初にも現地を回りましたが、交通障害木の撤去等は行われており、被災地区には入れますが、山林の倒木等の実態はまだヘリからの航空写真による上空からの判定によらざるを得ず、現場の倒木状況被害の深刻さは、一歩足を踏み入れるとより一層深刻な実態が眼前に広がり唖然とさせられました。
f:id:biz-m:20160430022537j:imageまた私たちは2月議会前に被害発生当初に知事への申し入れも行いましたが、先ずは人家等への影響を及ぼす倒木の除去を優先に、今後沢筋等の降雨による増水での流木となる倒木の除去などから着手との事ですが、これらへの人的・財政的な支援が欠かせません。
f:id:biz-m:20160430022656j:image被害面積は2月時点のヘリ調査等では4市村で約477ヘクタールを超えますが、今後詳細な調査でさらに増えそうです。今後倒木の搬出や材の利活用など山を守り育てることの重要性を再認識させられました。