びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

杉尾ひでやさんと語る会IN塩尻を開催❗️

f:id:biz-m:20160519123520j:imagef:id:biz-m:20160519123531j:image17日、塩尻市えんぱーくでの杉尾ひでやさんと語る会(民進党共産党社民党緑の党共催)に参加してきました。参加いただいた皆様ありがとうございました。
f:id:biz-m:20160519123556j:imagef:id:biz-m:20160519123611j:image
開会に先立って民進党から続木さん、社民党から古畑市議、緑の党から望月さんがご挨拶。
私は日本共産党を代表して連帯の挨拶をしました。戦争法をめぐり全国民的な反対運動の盛り上がりの中、市民と野党4党が結束して、野党は共闘!と安倍自公政権に対峙の大きなうねりに応えて選挙区候補を一本化できた事、戦争法も格差問題も、長野県農業を壊滅に陥れるTPPも社会保障切り捨てもどれも深刻な状況に陥れる安倍政権を少数派にしていくたたかいをご一緒にー。日本共産党も22日に松本城公園で大演説会を開催し、杉尾さんにもご挨拶いただく事になっている事も報告しながら訴えさせていただきました。

f:id:biz-m:20160519123626j:imagef:id:biz-m:20160519123647j:image杉尾さんからは安保法制の問題では内戦のカンボジアサマワPKOへの取材経験から、駆けつけ警護はこの政権の下、断れなくなる。不測の事態が起こり、自衛隊が戦闘状態に巻き込まれる危険性が高く、大きく変質する事。TPP問題で安倍首相は「反対と言った事が無い」など嘘を平気で言い農業を成長戦略の犠牲にしようとしている。原発問題も「日本の原発は安全」と海外に売り込むー利益のためならなんでも売る下品な国に成り下がっている。子育て支援や障害者支援などの質問にも丁寧に答えていました。そして、報道の自由が損なわれ、信念に基づいてモノが言える時代に戻さなければならない事などTVキャスターや特派員として活動してこられた視点から様々な観点でお話しいただき、あっという間の90分間でした。

4党の関係者が一同になるという事でちょっと始めはピリピリ感はありましたが、一人一人の気持ちを一つにして結実していくことを願いながらしっかりと握手して帰宅しました。皆さんお疲れ様でした。頑張りましょー(=^x^=)