読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

6月議会前の知事申し入れ

f:id:biz-m:20160601125023j:image31日、6月議会前の知事申し入れを行いました。消費税増税が先送りになり、増税論者の知事は「ハシゴを外された思い」と述べましたが、庶民生活の感覚の麻痺した感覚なのだなー。どこかの都知事もそうですが。
私は18歳選挙権にが行使されることになるが、高校生の政治活動に憲法で保障された基本的人権の尊重を高校現場で周知するよう求めました。 (全文は以下に)
2016年5月31日
阿部 守一  様
 日本共産党県議団
   団長 小林 伸陽
6月議会にむけた知事申し入れ
 
1、 知事は消費税は景気に左右されない安定した財源という認識をしめしているが、所得の低い人ほど重くのしかかる不公平税制です。一方でこの間明らかになったようにタックスヘイブン等で高所得者の税逃れが発覚してくる中、格差の拡大は一段と深刻です。消費税の8%増税でも内需を冷やし、景気を破壊し、首相自らも「消費は予想以上に落ち込み」と失政を認めています。10%増税を中止するよう国に申し入れてください。
 
2、 米戦闘機の飛来に対して住民の苦情と不安が広がっています。国に対し住宅密集地等の上空での飛行を行わないよう申し入れるとともに、オスプレイの飛行訓練については、関係自治体から訓練計画の説明や中止を求める意見が出されていることもあわせて、国に飛行訓練を行わないよう申し入れてください。
 
3、 子育て先進県にふさわしい取り組みとして保育料の第一子からの無料化、乳幼児医療費の窓口無料化を実施してください。
   また、国が待機児童解消の緊急対策として、自治体独自の上のせに対し、人員配置や面積基準を引き下げることを求めるなど保育の質の低下が危惧されます。国に対し必要な保育所・保育士が確保されるよう働きかけてください。
 
4、 熊本地震被災者に対し、県としての支援を一層充実するとともに、地震の教訓を生かして仮設住宅やテントの確保、生活再建支援金の拡充をしてください。
 
5、 今回の熊本地震のような内陸型活断層による地震は、数多くの想定外の土砂災害も引き起こしています。本県においてはより大規模な地震が起きることが想定されており、長野県強靭化計画の再点検を行い必要な見直しを行ってください。住宅の耐震改修への抜本的な支援を行ってください。
 
6、 18歳選挙権の実施にあたり、憲法基本的人権の尊重から高校生の政治活動の自由は制限・禁止されるものではないことを関係機関に周知してください。
 
7、 大北森林組合補助金不正受給の問題について、補助金の流れ・使途の全容を解明してください。
 
8、 県庁の敷地内に喫煙所を確保することをはじめ、県有施設の禁煙・分煙を徹底してください。                              
以上