びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

第一回「長野県は宇宙県」ミーティングと天文学者の講演

f:id:biz-m:20161128232852j:image23日、信州大学松本キャンパスで開催された第一回「長野県は宇宙県」のミーティングに参加しました。この企画は私が加入する日本天文学会のメーリングリスト国立天文台野辺山宇宙電波観測所長の斉藤さんからのメールが流れ、普段は流しているだけなのですが、別ルートからは国立天文台の縣秀彦さん(信濃大町親善大使!)からの開催通知のメールが入りました。素人でもよいということでしたので参加してみました。(野辺山観測所の写真は片桐勝則南牧村議撮影)

f:id:biz-m:20161128223902j:imagef:id:biz-m:20161128225723j:image長野県は近年星空を見る観光が盛んになっています。阿智村のヘブンスそのはらのナイトツアーが有名ですが、県下各地で開催されています。今回、県内の天文学者など研究施設を運営する皆さんや公開天文台の職員の皆さん、そして私たちアマチュアの天文サークルなど初めて一堂会そうということで、経済学部の講堂は会場いっぱいの皆さんであふれました。

f:id:biz-m:20161128223821j:image開会では野辺山の斉藤所長さんが1、宇宙のすばらしさを広げよう2、長野県で宇宙を学ぼう3、長野県の空を守ろう と挨拶し、長野県の地域振興、人材育成、観光、天体観測環境の維持に寄与するために関係のある有志で企画したことなど語られました。

f:id:biz-m:20161128224115j:imagef:id:biz-m:20161128224048j:imageその後県下の天文活動の紹介として信州大学全学機構で天文学准教授の三沢透さんを皮切りに研究施設から発表が行われました。その後教育センター・博物館・プラネタリウム館へとさらには公開天文台そして天文同好会、中高校生、教育委員会、その他へと30団体の紹介が各人2分ということで行われました。我が塩尻星の会はM会長が光害調査を中心に活動報告をしました。

当初は10数人の出席だろうと踏んでいたそうですが、10倍の参加者で時間オーバーしました。県外からの出席者もいましたし、熱心な取り組みに圧倒されました。そして、先ほどの斎藤所長さんから挨拶にあった内容で「長野県は宇宙県」松本宣言が参加者全員の拍手で採択されました。

f:id:biz-m:20161128224205j:imagef:id:biz-m:20161128224222j:imageその後経済学部の2階会場で先ほどの信大の三沢透准教授が自己紹介を交えて、どうして天文に興味をもち学者になったのか、そしてすばる望遠鏡での研究成果として、明るい天体を背景に重力レンズ効果を利用して銀河中心のブラックホールから噴出すアウトフローガスの流れを複数視点立体視することに成功されたということです。

8.2メートルという巨大望遠鏡と標高4200メートルの希薄な大気のハワイマウナケア山頂という条件の中で、銀河中心の構造が解明されていくことの醍醐味を感じました。

f:id:biz-m:20161128224504j:imagef:id:biz-m:20161128224253j:image三澤透先生は長野市のご出身だそうですが、実は10年ほど前に私の子どもたちの通っている小学校に宇宙の講演に来ていただいた先生です。当時はアメリカの大学の研究員だったと思いますが、三沢前市長の甥子さんということもあり、私の天文好きも相まって、講演後の校長室でいろいろとお話させていただいたことがあります。

f:id:biz-m:20161128224534j:imagef:id:biz-m:20161128224557j:imagef:id:biz-m:20161128224614j:imageその後の懇親会では私のことを覚えていてくれており嬉しく思いましたが、信州大学でも天文学が学べるようになり、長野県の好条件を活用した教育体制が充実することを願って握手させていただきました。

f:id:biz-m:20161128224317j:imagef:id:biz-m:20161128224328j:image懇親会ではこのミーティングの仕掛け人の一人の縣秀彦さんの軽妙な司会に(NHKのラジオ深夜便のパーソナリティもされてますが)本当に天文学者?と思ってしまうのですが、以前からFB仲間にさせていただき、お知り合いにはなっていましたが、昔からの友人のように話をして下さり恐縮。しっかりとツーショット写真も撮らせていただきました。

議会の関係で途中で退席しましたが、今回の取り組みを通じて「長野県は宇宙県」の言葉にあるように、この県の優位性を観光や教育にもっと活かしていくことができればと思いました。斎藤所長や小林木曽観測所長さんとも写真ご一緒させていただきました(=^x^=)。