びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

塩尻青年会議所の新年祝賀会へ

f:id:biz-m:20170118211732j:image14日は塩尻青年会議所(JC)の新年祝賀会にお招きいただき出席しました。

毎年お招きいただく際に当日のパンフレットに、県議として祝辞を書くように予め依頼をいただき、800字ほどの祝辞を寄稿させていただいています。

今回は、昨年の政治の変化として参議院選挙での野党の共闘と市民共同がすすみ、安保法制や原発再稼動、米軍基地問題などへの運動の高まりに現れるとともに、昨年末のTPP、カジノ解禁法、年金カット法などの強行政治に安倍政権の行き詰まりが現れていること等にも触れました。

このことは4日の市の賀詞交歓会のときにもお話しましたが、「しっかりと今の政治のことをはっきりと言ってもらい、今は共産党しか信頼できない」などお逢いするみなさんからもお声をかけていただきました。こうした全市的な祝賀会には保守層の方が多いと思っていましたが、安倍政治に対して思っていても口に出せないという方々や、またこれは先日、自民党の議員も「言えない、口などはさめない」とも言っていましたから、暴走政治への不満が鬱積していることは確かだと思われます。

JCのみなさんはかつては100名もの会員を有してしたそうですが、今年は30名ということだそうです。地域の活性化、元気作りを真剣に考えてる若き実業家のみなさんです。祝賀会では新役員をはじめとした皆さんと懇談させていただき、改めてこれからの塩尻市や地域づくりをいろいろとお話いただく良い機会だと思いました。

f:id:biz-m:20170118212050j:image

帰りは最大級の寒波が来ていると報道されていたように、氷点下8度の中帰宅しました〜。