びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

全国災害ボランティア議連の研修会最終日では

f:id:biz-m:20170203143038j:imagef:id:biz-m:20170203143137j:image伊豆大島での災害ボランティア議連の研修会最終日のメインは都道の建設にあたって昭和28年に発見された地層大切断面を見学しました。100年から150年間隔での三原山の噴火の火山灰が降り積もったというものです。地層面は高さ30メートル、長さは800メートル近くあるといいます。
f:id:biz-m:20170203143056j:imagef:id:biz-m:20170203143115j:image三原山の噴火由来の火山灰は玄武岩系で黒く、間の白い層は隣の新島の安山岩系の噴火物の堆積だと言われます。約100層からなっていますが、気の遠くなるような年月をかけてできたものです。
さらには褶曲しているところが、急に削れていたりして、かなりの地質変動があったことが考えられます。あと200万年すれば伊豆半島のように、伊豆大島も熱海に着くといわれますが、

自然はすごいですね。