びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

2月議会前の知事申し入れ

f:id:biz-m:20170207140003j:image6日、2月議会にあたり党県議団の9項目の要望を阿部知事に提出し懇談しました。

とくに子どもや障がい者の医療費窓口負担の無料化を国の制度変更に伴い、知事もようやく重い腰を上げつつありますが、私たちは市町村が既に行っている制度を補完充実するように、保護者や当事者も入れた検討会の開催を求めましたが、先月27日の1回目の会議事務内容の話となっており、取り組む旨の答えはありませんでした。

私は産廃処分ち関して、事業者と住民とのトラブルになっている事についての県行政の指導を強めてもらいたい事と、放射性廃棄物の県内持ち込みについて知事は持ち込ませない事を明言していないことからも、持ち込ませないよう対応を求めました。

f:id:biz-m:20170207140022j:image知事は事業者への指導を法律に則り行うこと、また、放射性廃棄物の処理も国の基準に沿って行うことや、処分場でのモニタリングデータも公開しているなどと言いました。が、3.11以降に国は基準を緩めてしまった事から、県内にも持ち込まれる可能性があり、既に県内への持ち込みにが行われているとの情報もあります。

県内外で進められている処分場やバイオマス発電にも持ち込まれる可能性は否定できなくなっているのではないでしょうか。