読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

松本地域地震防災講演会へ

f:id:biz-m:20170207205925j:image7日、松本建設会館で行われた上記講演会に小澤市議と参加しました。「減災から防災」〜大規模地震に備える危機管理との題で静岡大学防災総合センターの岩田孝仁教授の講演を聞きました。会場は自治体関係者や県職員などいっぱいとなりました。

岩田先生は2年前までは静岡県危機報道監として、防災の専門職として30年以上東海地震対策などに取り組んでこられ、内閣府での危機管理防災を担当されてきた方です。

「減災から防災」と言われ、??これまで災害対策の質問をすると、当時の知事からは防災から減災と言われてきたものでした。しかし、岩田先生は減災で良しとすると、対策もこの程度で良いとの甘えになる。目指すは被害「ゼロ」、防災の原点に立ち返れ、と話を始められました。地域の環境の変化や社会構造の変化や、日常の中での予防対策が進む事で災害を想像出来なくなり、想定外を生み出しているなどの事を、東日本大震災南海トラフ地震のシミュレーション、阪神淡路大震災等の事例を出して解説されました。また、先週行ったばかりの伊豆大島の2013年の土砂災害についてもふれられました。

f:id:biz-m:20170207205935j:image先週の伊豆大島での研修会でも岩田先生のお名前が出ており、同島の災害対策に関わられている事は知っていました。火山活断層研究についてももっと話が聞きたかったので、終了後に話をさせていただきました。

議会で取り上げてきた、活断層上における公共的な施設の建設を避ける条例制定について伺いましたが、やはり必要性が有ると述べられ、本来は阪神淡路大震災の時に法整備されるべきであったものが未整備のままであるなど興味深くうかがうことができました。