読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

上野山のソーラー発電施設の現地確認へ

f:id:biz-m:20170426210216j:image今日は小澤市議と県、塩尻市の担当者と地元区長らと上野山に建設中のソーラー発電の業者と懇談を行ない、現地確認を行ないました。
f:id:biz-m:20170426210255j:image急傾斜地の山の樹木(ニセアカシア)を倒し、北斜面を削って設置しています。開発面積もハッキリさせないまま皆伐し、開発してしまったり、住宅直上部に倒木を積んで土砂崩落を防ごうとしていたらしいが、下の住民からは不安極まりない状態です。

f:id:biz-m:20170426210311j:image発電開始直前でしたが(発電量も答えられなかった)、県の指導で開発許可や住民理解を得る事、災害対策等を講じる事など何点か指摘されストップがかけられました。

ざっと計算して280ワットパネルを12枚束ねたものが200セットですので約670kwとメガソーラーまではないと思われます。しかし、まだ未設置の資材が山積みですので、どの位になるかわかりません。

f:id:biz-m:20170426210331j:imagef:id:biz-m:20170426210405j:image業者からは直ぐ隣に別会社が設置を計画していると言いましたが、県の担当者は一体の開発行為と見るので完璧に1ヘクタールを越え、(業者は別会社なのに何故知っているのでしょうか)法的な手続きをやってから稼働であると指摘しました。


ここは石灰岩の採石地であって、雨水が浸透し易く土砂崩落を起こしやすい地域であることや、近年の集中豪雨災害が現地の尾根越えした西条地区や宗賀でも平出や床尾から本山までは私が議員をやっている間だけでも土砂災害が起きている事などもあり、対策を講じなければ住民理解が得られない事など伝えました。