びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

陸路で北海道から帰途に

共謀罪が委員会で強行採決されたということですが、国民の総反撃(この書き方も共謀?)で、23日本会議採決を国民の声で止めさせなければなりません。この法律は日本の進路を誤る悪法です。

f:id:biz-m:20170601001359j:imageそんな訳で2列車早めて帰途についています。
途中からも北海道の火山の山々が見えます。羊蹄山も駒ケ岳もしっかりと見えました。
遠くにも幾つも火山の山頂なのでしょうかドーム状の山体を見つけることが出来ます。内浦湾は噴火湾と函館に来航したイギリス人がその形を見て名付けたとタクシードライバーさんの解説でしたが、カルデラ湖が沈降して出来ているということでしょうから、相当巨大なカルデラです。多分阿蘇カルデラよりも大きいでしょう。その火口は海底の何処にあるのでしょうか?(ウィキペディアでは否定的でした〜)
f:id:biz-m:20170604220415j:image北海道の活火山は31座あるといいます。北方4島〜アリューシャン列島に多くの活火山が有ります。日本列島もこの北海道も火山活動で出来てきているのでしょうか。戻ったら地質史を調べてみたくなりました。
f:id:biz-m:20170604220501j:imageところで北海道新幹線で約54キロの青函トンネルは所要時間25分。真っ暗です。ネットも繋げませんし、建設強行しているリニア中央新幹線はただただこんな感じがズット続くのでしょうか?