びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

松本協立病院の内覧会へ

f:id:biz-m:20170601144514j:image元職場の松本協立病院のリニューアル事業でオープン前の内覧会に行って来ました。

f:id:biz-m:20170601144619j:imagef:id:biz-m:20170601144806j:imageまだ医療機器等は搬入がほとんどなされていませんが、OPE室も病室も廊下も全て広くなっています。心外のOPE室は従来よりもかなり広くし、TVモニターで他者からも術野がよく見えるようにしたり(TVドラマによく有るような?)、これから機材が山と入るのでしょう。

f:id:biz-m:20170601144839j:imagef:id:biz-m:20170601144910j:image廊下の広さも今までの2倍はあるでしょうか。これならエコーやレントゲンや心電計などの検査機器が邪魔するような事はなくなります。(エレベーターも今まで見たことのない広さ❗️)
また国内2例目というベッドサイドのいわゆるTV台にはバイタル入力やモニターも出来、看護師がパソコンを持ち歩かなくてよくなるシステムが導入されました。看護師入力のPCを無くすのだそうです。

f:id:biz-m:20170601144957j:imagef:id:biz-m:20170601145106j:imageかつて勤めた検査は中央採血と検体検査、生理検査と3ヶ所に分かれるそうです。検査技師って学生時代は採血は看護師よりも上手なんですが、静注などできませんから、結局は看護師さんのお仕事とされてきましたが、近年は看護師不足と精度管理上、中央採血方式がとられてきています。技師2、看護1の配置だとか。

これから5月29日に外来部門、6月1日に入院部門の移転オープンをするとのことですが、リニューアルによつて地域の民医連の病院としての真価をより発揮して行くことを期待しながら出てきました。