びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

過密老朽対策急がれる松本養護学校を視察

f:id:biz-m:20170917085635j:plain老朽化と過密化が問題となっている松本養護学校を県議会文教企業委員会が視察(共産党県議団からは両角議員が参加)し、私は地元県議として参加しました。

f:id:biz-m:20170904114421j:plain過密対策は松本盲学校や寿台養護学校に児童生徒を分ける方策が進められています。しかし、以前、会議室として使われてきたところ(相変わらず職員室有りません)は2教室に改修され、印刷室を仕切ってクールダウンの部屋がありましたが、それも廃止され相変わらずの狭さです。

昭和47年建築ですから築45年。両角議員が対策について質問し、今後建て替えを検討する際は小規模分散型で地域から近くに通える環境が望ましいと。屋内消火栓整備や雨漏り、老朽化激しい寄宿舎等課題山積です。何度議会等で取り上げても改善は本当に僅かで、県内の養護学校はどこも同様ですので、建て替えは急務です。