びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

危機管理建設委員会の熊本視察

長野県議会危機管理建設委員会の県外視察で熊本県に来ています。昨日は去年の熊本地震で甚大な被害を受けた益城町で震災や復興の状況を聞き、今日は熊本県庁で震災当時の対応や、復興状況、さらには防災ヘリの運行状況などお聞きしました。そして、熊本城の地震被害(被害額634億円!)と復興の状況も見学しています。貴重な文化財の被災は記録を取ってから復旧というとても時間と手間がかかる事業です。優先順序をつけて行われていますが、手つかずの所が数多くあります。

 

午後は熊本地震の時に倒壊した阿蘇大橋の復興現場(国交省九州地方整備局熊本復興事務所、南阿蘇村河陽)を視察しました。
昨年の橋が落ちている報道は度々見ていましたが、実際には橋の上部の阿蘇の外輪山が崩れ、その直下のJR豊肥線国道57号線も飲み込み、大分県に抜けるこの大橋も落ちてしまいました。しかも100メートルも下が黒川のV字谷の河床で、重機が入れません。崩壊した山腹には無線操縦の重機を入れて作業して危険箇所を崩してきたそうです。完全復旧までの道のりはまだまだかかる様ですが、新たに建設される橋は橋脚の高さ97メートル、長さ345メートルといいます。火山地質の脆弱な地域は地震での崩壊箇所が沢山あり、膨大な資金と時間がかかります。