びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

中国木材日向工場を視察

f:id:biz-m:20180612003644j:image
f:id:biz-m:20180612003648j:image長野県の進める信州F Powerプロジェクトの製材事業や木質バイオマス発電の参考にしているという、宮崎県の中国木材株式会社の日向工場を視察しています。

f:id:biz-m:20180612003735j:image
f:id:biz-m:20180612003740j:image日向市竹島の9万坪という広大な敷地に原木土場や加工工場があり、その一部が発電関連施設となっています。

f:id:biz-m:20180612004129j:image木質バイオマス発電(18000kw/時)はあくまで余剰で行う事業であり、骨太の製材事業があってこそ回せる事業です。プレカット加工の製材量は年間約約1.4万戸相当で、ここでは月産5000坪分程度(140戸相当か)生産しているそうです。社専用バースがあり、製品の輸出にも対応しています。

f:id:biz-m:20180612003831j:image
f:id:biz-m:20180612003827j:image長野県のそれは言わば「良いとこ取りの摘み食い」的発想で、随分と乖離していると思わざるを得ません。規模とそれを支え得る裾野の広い森林整備と林業従事者、幅広い用途に対応した製材事業とそれに呼応した販路の広さと販売実績。そどれをとっても異なってしまっていると感じます。