びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

県民文化健康福祉委員会で質疑

f:id:biz-m:20181221214141j:image

10日、県民文化委員会に立ちました。

①自転車の利用に関する条例骨子案について質問しました。

県内には111万台、1.38台/世帯ある、保険加入率が28.8%(全国が約4割) 等の基本的な数字から長野県の安全教育や、これから構築するという自転車活用推進本部等の体制について先日の堺市の視察状況を示しながら質問しました。

 

11、12日と健康福祉委員会で質問に立ちました。

今回特に力を入れて質したのは、「介護保険法に基づく指定居宅サービス等の事業の従事者、設備及び基準に関する条例改正案」です。

これは障がい福祉事業所でも介護保険サービスが実施できるように(逆も有り)規制緩和するいわゆる「共生型サービス」を導入できるようにするものです。

65歳になった障がい者が「介護保険原則優先」される事により、介護認定もままならず、それまでのサービスが出来なくなったり、施設基準も決まっていないなどサービスの質の問題も危惧されており、私たちは条例改正に反対しました。

その他介護医療院の施設の基準の条例改正、風疹の抗体検査無料実施やワクチン接種への助成とインフルエンザワクチン助成、医師確保対策など質問しました。