びぜん 光正 のあしあと 

長野県議会議員 日本共産党長野県議団 びぜん光正のブログ

来年度予算要望と長野県を相手に行政訴訟

f:id:biz-m:20181227124628j:image
f:id:biz-m:20181227124624j:image

今日は共産党県議団と県委員会で長野県への2019年度予算要望を行いました。

重点項目14、個別項目253計267項目になります。申し入れ時間は毎議会の申し入れ時間と同じ30分しかありません。

重点項目の回答だけになりましたが、消費税増税延期を求めましたが、知事はこれまでの答弁を繰り返し、「地方にとって重要な財源」と。

8%への増税でどれだけ地方経済や県民の暮らしに影響を及ぼしているのか理解出来ない知事。住民の暮らしがあったの県行政という認識がない。

毛利、山崎、水野県議候補も参加しました。

 

f:id:biz-m:20181227124517j:image
f:id:biz-m:20181227124521j:image

その後大北森林組合補助金問題における情報公開を求め、県を相手取って行政訴訟を起こしました。原告は和田あき子副団長。

長野県の最大の不祥事である大北森林組合補助金不正事件で、現地職員の弁明書やヒアリングの情報開示を求めましたが、開示を求めた文章277面のほぼ全てが黒塗りだった事から、県を相手に情報公開の行政訴訟を起こしたものです。

県は個人情報保護や今後同様の行為があった場合に公開を恐れて事実を話すことに消極的になるからと言っていますが、関わった職員の動機をはじめ、事件の真相がわからず、15億円もの巨額の補助金不正が現場職員だけの責任で行われたのかどうか、責任の所在を明らかにさせなければなりません。

f:id:biz-m:20181227124926j:image

f:id:biz-m:20181227124828j:image

長野県弁護士会館で記者会見を行いました。

 

その後今年最後の県議団会議を行いました。

日曜版の購読者を増やして、一旦塩尻に戻って夕方の松本協立病院の理事会へ滑り込み。

f:id:biz-m:20181227124901j:image
f:id:biz-m:20181227124905j:image

一晩かけて作った私の通信の新年号の印刷が上がってきました。これから年賀状作成をどうしようかと思案中。目が回る〜(@_@)