びぜん 光正 のあしあと 

前長野県議会議員 日本共産党 びぜん光正 のブログ

議会一般質問しました。

10日議会一般質問最終日ですが質問に立った。
 今回は1、エイズ対策 2、道路行政 3、PSE電気用品安全法による中古家電の販売規制問題 4、高校改革についてなど質問。
 
hivエイズ問題では先日、信大医短名誉教授の山田先生に伺ったことから、昨年の全国調査で長野県が全国でも人口10万人あたり全国2位という(その前は3位)高感染率を示していることからも、小学生、保護者、教師も含めての教育の充実と、検査も受けずに安易な性交渉をしていることが示唆される中での感染者数の多さからも、現在結果の報告されるまでに1週間もかかっている検査を迅速検査法を用いての即日報告に変えていくことを提案した。
 先日長野市保健所での調査を参考におこなったが、反応時間15分のIC(イムノクロマト法)であれば採血から1時間で報告が可能であるというものである。擬陽性反応もあるそうだが、判定(?)や陽性反応の場合は従来法のPA法の活用で、ほぼ2時間で結果が出る(いずれもエイズウイルスに対する抗体の検出検査)。またそれでも陽性の場合はウイルスのDNAを直接検出するWB:ウェスタンブロット法であれば約6時間で判定ができる。WB法で陽性の場合は感染が示唆されるが、この場合は医師が説明し、すぐにエイズ対策病院への紹介(長野市の場合は日赤病院に保健師が一緒にいくという!)していく流れができなければならないが、衛生部長も今年のエイズウィークまでには対応していくというので期待したい。
 グラフは県衛生部の資料より。その他の質問については後ほど・・・。