びぜん 光正 のあしあと 

前長野県議会議員 日本共産党 びぜん光正 のブログ

地元行事と小学校の保護者たちと

21日、午前中は地元のお地蔵様の行事で役員のみなさんと行い、午後からは公共事業の入札改革についての県議会の対応や市の制度についての質問が寄せられ柴田市議と伺い懇談。

その後は赤旗の購読のお願いにまわって、県議会の報告やいろいろと意見を伺いながら回る。

夕方からは先日の娘の小学校の卒業式があり、そのことから昨日は子ども達と親の懇親会があって妻と娘が参加していたが、今日は担任の先生を囲んで保護者からの感謝をしようと懇親会があって私達夫婦も参加した。

子ども達は5年生の時からバンドーラという楽器を作って、学校はもとより、市の行事や福祉施設などでの演奏、そして2月末には卒業コンサートをレザンホールを満員にしてやってのけた。また、合唱もクラス・学年一丸となって、SBCコンクールでの賞の受賞など素晴しい成績も修め、きっと自信につながっていくと思う。

子ども達とクラス・学年を引っ張ってこられた担任の先生の力があってこその成果だと思うが、多くの保護者が集まり、その話で持ちきりで会場の飲み屋さんでは大騒ぎ。

私も3番目の子ということや、仕事が忙しくて参観なども上の子たちの頃と比べめっきり減ってしまったが、今日は先生と保護者のみなさんと子ども達の話題で大いに盛り上がった。

特に先生は卒業式の様子も含めた子ども達の学校生活のDVDを真夜中に作り上げ、全家庭数分を一枚一枚朝までかけて焼いて配ってくださっていた。
私も途中まで見たが、目が「うるうる」状態。そして飲み会ではどの保護者も異口同音に。そして中学校でもみんな生き生き頑張ってと。
どの子も励ましあいながら作品に作り上げてきた数々。これは競争を煽ったのでは絶対になし得ないと思う。

先生は今年で転勤されるということだが、転任された学校でも頑張っていただきたいと、新年度落ち着いたら直ぐにもまた保護者と飲みましょうということになった。

帰宅したら午前2時。「夫婦そろってこんなに遅いのも初めてだぁ・・」とご近所のPTA会長ご夫妻と話しながら帰宅しました。子ども達も大きくなったなあと実感。